64bit環境でRedirectWheelGを使用する

[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 64bit環境でRedirectWheelGを使用する
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`grow` not found]

Windows7 64bit版では今まで使っていたTTBaseプラグインのRediretWheelが使えなくなっていた。

かれこれ半年くらいはほったらかしにしていたけど、どうも使いにくい!

というわけで使えるかどうか再調査してみた。

TTBaseのウェブサイトに行ってアップローダーを探してみる。

するとそのものずばり「up0190.zip    RedirectWheelG 64bit対応、フォーカス移動、フックタイプ追加」がアップされていた。

さっそくダウンロードしてTTBaseのプラグインディレクトリに追加。

RedirectWheelG.iniを読むと、32bit版dllでも動くと書いてある。

RedirectWheelG.ini

;フックタイプを指定します。
; 0:WH_GETMESSAGEを使います。
; 1:WH_MOUSEを使います。
;    Windows 2000以降のみ。
;    64bit版Windowsでは挙動がおかしいです。
; 2:WH_MOUSE_LLを使います。
;    ActivateWindow, SetFocusは無効です。
;    64bit版Windowsでも32bit版DLLだけで動きます。
; 3以上:OSに合わせてフックタイプを自動設定します。
HookType=2

;ウィンドウのアクティブ化。0 or 1
; 1 を指定すると、スクロールと同時にウィンドウをアクティブ化します。
ActivateWindow=0

;フォーカスを移動。0 or 1
; 1 を指定すると、スクロールと同時にフォーカスを移動します。
SetFocus=0

これでバックグラウンドにあるウィンドウでもマウスホイールが使えるようになった!

TTBaseアップローダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA